目の充血解消には温める、冷やす?|効果的なケア方法

目を使い過ぎると、酸素や栄養素が不足してしまいます。すると不足した酸素や栄養素を補うために、目に送られてくる血液の量が増えます。
(私たちの体の中に流れている血液は、酸素や栄養素を体全身に運んでいます。)

普段は見えませんが、目には細い血管が張り巡らされています。しかし、血液の量が増えると、細い血管が膨らむため、赤い筋が浮き上がったように見えます。これが充血の起こる仕組みです。

目の疲れを取って充血を解消

充血を解消するには、原因になっている目の疲れを取ることが必要です。そのためには、目の周りを温めるのが効果的です。皮膚が温められると、血行が良くなるので、目の送られる酸素や栄養素の量を増やすことができます。

すると、目の疲れが和らぐので、少しずつ充血も消えていきます。たまに、目を冷やすのが良いということを聞きますが、充血の解消にならず、逆効果ですので止めたほうがいいです。

冷やすと膨らんでいた血管が縮むので、充血が取れることもあります。また、冷やすことで痛みが感じにくくなるので、目の充血や疲れが取れたように感じることがあります。しかし、一時的に隠しているだけで解消したわけではありません。

冷やすことで血行が悪くなっているので、目の疲れは逆に溜まってしまいます。一時的に消えていた充血も徐々に出てきてしまいます。写真撮影など、一時的でも充血を無くしたいときには効果的かもしれませんね。

目を温める方法

目を温める方法で一番効果的なのが、湯船につかることです。湯船につかると、目だけではなく全身の血行が良くなり目の疲れ、首こり、肩こりまで改善させることができます。

あまり湯船につからないという人はシャワーを数分間まぶたの上からかけてみてください。目の周りが温められて、血行を良くすることができます。

さらに、蒸しタオルをまぶたの上に乗せることも効果的です。蒸しタオルは、水で濡らしたタオルを硬く絞り、サランラップで巻いて、レンジで1分程度温めるだけで作れます。かなり気持ちが良いので、ぜひ試してみてください。

トップページに戻る

関連記事

関連記事がありません。