パソコンによる目の負担を減らすディスプレイの設定|高さと明るさ

パソコンのディスプレイの明るさや位置、高さを変えることで目にかかる負担を減らすことが出来ます。とても簡単なことなので、確認してみてください。

ディスプレイの高さ
ディスプレイの高さで涙の蒸発する量が変わってきます。簡単な調整ですが、これだけで、涙の蒸発の量を1/4に減らすことが出来る場合があります。

ディスプレイを見上げるような位置にすると、目が見開いた状態になり、涙の蒸発する量が増えます。逆に、ディスプレイを見下ろすような位置にすると、まぶたの開きを少なくすることができ、涙の蒸発が減ります。

ディスプレイの位置
目からディスプレイまでの距離が近すぎると、目に大きな負担がかかります。ディスプレイは目から40センチ以上離した位置に置いてください。

ディスプレイの明るさ
ディスプレイの明るさは、手元の明るさと同じにします。手元とディスプレイの明るさに差があると、目の負担が大きくなります。

ディスプレイへの映り込み
ディスプレイに、部屋の照明や太陽の光が映りこまないようにします。映り込みがあると、ディスプレイが見えにくくなるので通常よりも目に力が入ってしまいます。当然、
目に力が入れば、目の負担は増えます。

こんなときは、カーテンやブラインドを閉めたり、ディスプレイの向きを変えるなどして写りこみを減らしましょう。どうしても減らせないときは、ディスプレイの映り込みを防ぐ保護フィルムなどが売っていますので、利用してみてください。

トップページへ戻る

関連記事

関連記事がありません。