レーシックを受けてコンタクトをやめる|目の負担が減り充血も緩和

コンタクトをすると目にフタをしている状態なので、外気と触れることが出来ずに目に負担がかかり充血が起こりやすくなります。特に、ソフトコンタクトレンズは、酸素透過率が低いので、目が乾きやすいです。目が乾けば、充血が起こる可能性が高くなります。

ハードコンタクトレンズは、酸素透過率が高いのですが、黒目の左右が充血する3-9ステイニングが起こりやすいです。(詳細は前の記事を見てください)つまり、ソフトでもハードでもコンタクトをしていれば、充血が起こる可能性は高くなります。

もし、目の充血が酷いのであればレーシックを考えても良いかもしれません。レーシックとは、レーザーを目に照射して、目の表面(角膜)を削ることで視力を上げる手術のことです。

レーシックにより、視力が回復しれば、コンタクトをつける必要が無くなるので、目の負担が減り、充血に悩まされることもなくなります。

しかし、レーシックはまだ歴史の浅い手術なので、絶対安全だとは言い切れません。さらに、個人の症状によっても結果が少なからず変わります。目が渇きやすくなった、元の視力に戻ったという話も耳にします。

レーシックを受けるときは、慎重にクリニックを選び、しっかりきちんと話し合いを行い、納得してから受けるようにしましょう。

レーシックの前に充血に効くサプリを試してみては

 

 

関連記事

関連記事がありません。