ハードコンタクトをすると黒目の左右が充血|3‐9ステイニング

ハードコンタクトレンズをしている人に起こりやすい充血は、黒目の左右に出来る充血です。アナログ時計でいう3時、9時の方向が赤く染まるので、3-9ステイニングといます。

ハードレンズは黒目よりも小さく作られているので、まばたきするたびに黒目上を動いて、効率よく涙の交換を行います。そのため、レンズに覆われている部分は常に潤っているのですが、レンズに覆われていない部分はどんどん乾燥します。

さらに、黒目の左右の部分はまばたきをしても、まぶたの閉じが弱いため、覆われていなかったり、まぶたが開くとき最初に露出するので部分なのでとても乾燥しやすいのです。

この2つの原因により、黒目の左右部分はどんどん乾燥し、コンタクトとこすれるため充血が起こりやすくなります。つまり、ハードコンタクトつけたときに起こる充血を防ぐには目を渇かないようにすることが重要です。

目が乾かないようにするためには、こまめに目薬をつけてみてください。ハードコンタクトレンズは基本的に、どの目薬でも使うことができます。(ソフトコンタクトレンズは専用の目薬を使わないといけないので注意してください。)

また、目が疲れてくる目は渇きやすくなるので、目をこまめにケアして、疲れがたまらないようにしましょう。(目が疲れると渇きやすくなる原因については、こちらの記事に書いているので、参考にしてください。)

目の渇きを防いでも、どうしても充血が取れないときは、レンズサイズが合ってないことも考えられるので眼科に行って診てもらった方が良いかも知れません。

関連記事

関連記事がありません。