食事からビタミンAを効率良く取る方法|調理方法のコツ

ビタミンは、水に溶けるものと、油に溶ける性質のものがあります。水に溶けるものを水溶性ビタミン、油に溶けるものを脂溶性ビタミンと言います。

水溶性ビタミンは、ビタミンB、C、脂溶性ビタミンは、ビタミンA、D、E、Kなどがあります。ビタミンは種類によって溶け出し方が異なるので、調理方法によって摂取量も変わってきます。

目の乾燥、目の疲れを防ぐビタミンAは脂溶性なので、油に溶けやすい性質を持っています。同じようにベータカロチンも油に溶けやすい性質を持っています。

ビタミンAとベータカロチンについてはこちらの記事に詳細を書いているので参考にしてください。

ちなみにビタミンAが多く含まれる食べ物は、鳥や豚、牛のレバー、ウナギ、にんじん、モロヘイヤ、ほうれん草などです。

ビタミンAの効率の良い摂り方

脂溶性ビタミンが含まれる食べ物を油と一緒に食べると、脂溶性ビタミンが油に溶け出すので、体内への吸収率が高まります。また、脂溶性ビタミンは熱に強いので、油で炒めたり、揚げる調理法がお勧めです。

油で炒めるときは片栗粉でとろみをつけることで、ビタミンが溶け出したタレを一緒に取ることができます。揚げ物の場合は、揚げ油の中にビタミンが溶け出してしまうので、衣でコーティングする天ぷらがお勧めですね。

ベータカロチンを多く含んでいる緑黄色野菜などを生で食べるときは、油が使われているドレッシングやオリーブオイルをかけることで効率よく摂取できます。

サプリメントで取るときは、食事中に飲むと効率よく摂取することができます。食事には、油が含まれているので、体の中で油と混ざ
ることで吸収率が高まります。

ビタミンAやベータカロチンの効率の良い摂り方のまとめ
・油と一緒に取ると吸収率がアップする
・油で炒めるときは、とろみのあるタレにすることで無駄なくビタミンが取れる
・油で揚げるときは、ビタミンが油へ溶け出すのを防ぐために衣を付ける
・生野菜にはドレッシング、オリーブオイルをかける
・サプリメントは食事中に取る

トップページへ戻る

関連記事

関連記事がありません。