目の疲れに効くツボ|手軽に押せて効果が高い2箇所

長時間のパソコン作業で目が疲れてくると、目頭やこめかみを押している人も多いのではないでしょうか?じつは、目頭には睛明(せいめい)、こめかみには客主人(きゃくしゅじん)というツボがあります。

どちらも目の疲れを和らげるツボです。人の身体は不思議なもので、目が疲れてくるとツボの位置を知らなくても、自然と目の疲れを和らげるツボを押していたのです。

しかし、ツボの位置が微妙にずれていたり、定期的に押していないので意識的に押すよりも効果は低いです。正確なツボの位置を知り、意識的にツボ押しを行いましょう。

睛明(せいめい)
目頭の内側と鼻とが重なった、くぼんだ部分にあり ます。この部分を目を閉じ、親指と人差し指で つまむようにして1分程度優しく押してください。

ツボを押しながら目を強くつぶったり、円を描くように押すと色々な方向から刺激を与えられる ので、つぼ押しの効果が高まります。

客主人(きゃくしゅじん)
目じりともみ上げを結んだ線の中央部分にあります。 中指を人差し指の上に重ね、顔を挟むように、指圧します。指をゆっくりと円を描くように動かすと 効果がアップです。

人差し指に中指を重ねると、指が固定されるので、 指が滑って目の中に入ってしまうことが防げます。 目に近いので力を入れすぎに注意してください。

【ツボ押しをするときの注意点】
目の疲れを和らげるツボが多く存在している目の周辺は、皮膚が弱い部分でもあります。疲れをたくさん取りたいからといって、ツボを強く押してしまうと皮膚を傷めてしまう事があるので注意してください。

目の周辺のツボを押すときは、気持ちいいと感じる程度の力で優しく、ゆっくり行うようにしましょう。

トップページへ戻る

関連記事

関連記事がありません。