仕事中、通勤中でも人目を気にせず押せる眼精疲労に効くツボ

目の疲れを解消するツボは、目の周辺や首筋に多くありますが、オフィスの中や電車の中で押すのは恥ずかしいという人にお勧めなのが腕にあるツボです。

腕であれば、人の目も気にならないので、電車の中やオフィスの中で『あ~目が疲れたな』と思ったときに、すぐに押すことができますよね。

腕には疲れ目に効くツボが3つあります。曲池(きょくち)、手三里(てさんり)、養老(ようろう)です。

曲池(きょくち)
ひじを曲げたときに出来るシワの外側の先端付近にあります。押したときに痛みを感じる部分です。

手三里(てさんり)
曲池から親指方向に指3本分下がった部分にあります。押したときに痛みを感じ、指に痺れが感じる部分です。


養老(ようろう)
手の甲を表にして、手首の小指側にある出っ張った骨付近にあります。出っ張った骨の肘側の凹んだ部分です。

この3つのツボは、目の疲れを和らげるだけでなく、首、肩、肘手首までの血行を良くし、首こりや肩こり、肘の痛みも和らげてくれるので、パソコンを長時間使う人にお勧めのツボです。

トップページに戻る

関連記事

関連記事がありません。