眼が充血してしまう原因|症状に合った正しいケアで解消

眼は他人に与える印象が強い部分の1つです。眼が真っ白だと若々しく見えたり、健康そうな印象を与えます。逆に、充血していると疲れているのかな~、不健康そうだな~とマイナスなイメージを与えてしまいます。

芸能人を見ているとみんなきれいな瞳をしていますよね。イメージが大切な職業なので、ケアをしっかりしているのだと思います。もちろん、一時的に充血を消すための対策もしているとは思いますが。

一時的に充血を取る方法はこちらの記事に書いています。充血の根本的な解決にはなりませんが、記念撮影をするときなどに使えます。

眼が充血してしまう原因は2つ

白目には無数の血管が張り巡らされているのですが、細い血管なので、外からではほとんど見えません。しかし、血液の流れる量が増えてしまうと、細い血管が膨らんでしまいます。

通常は見えないはずの血管が、膨らんだために赤いスジのように浮き上がってしまいいます。これが眼の充血です。では、なぜ眼の周りの血流が増えてしまうのでしょうか?

原因は、大きく分けて2つあります。1つが目の炎症、そしてもう1つが目の疲れです。

1)目の炎症が原因
目にゴミが入った、コンタクトレンズが合っていない、目を強くこすったなどの外部から目に刺激を与えたことにより、炎症がおきてしまい、目が充血します。

また、アレルギー性結膜炎や細菌性結膜炎、ぶどう膜炎、ドライアイといった目の病気により、炎症が起きてしまうことがあります。

2)疲れ目が原因
目も腕や脚などのほかの身体と同じで、疲れてくると酸素や栄養素を多く必要とします。酸素や栄養素を運んでいるのは血液なので、目が疲れてくると、目の血流が増えが膨らみます。

パソコンやスマホを長時間使った後に、充血が起こるのであれば、目の疲れが原因の可能性が高いです。

充血の対処方法

炎症によって充血している場合は、症状に合った目薬をさしてください。コンタクトの場合は人工涙液タイプ、アレルギーの場合は症状を抑える成分(クロモグリク酸ナトリウムなど)が入ったものを選んでください。

目の疲れによって充血している場合は、食事と睡眠をしっかりとって体を休めてください。タウリンなど眼に栄養を与える成分が入った目薬を使うのも良いですね。また、サプリメントに頼るのも1つの手ですね。

疲れ眼解消に効果的なブルーベリーサプリメント

関連記事

関連記事がありません。