見えすぎは充血を招くことに

コンタクトでパソコンをすると目が疲れやすい|度の弱いメガネが有効

見えすぎは充血を招くことに

コンタクトやメガネをつけながらパソコン作業を行うときは
注意が必要です。コンタクトやメガネで視力を矯正した
状態でパソコンをすると見えすぎになってしまい、目が
疲れやすくなります。


コンタクトやメガネで視力を矯正するときは、通常遠くの
ものが見えるようにします。その状態で、目から40センチ
しか離れていない、ディスプレイに焦点を合わせようと
すると、目に余計な力が入ってしまいます。


目の筋肉も足や手の筋肉と同じように、力が加わった
状態
が長く続けば、血液の流れが悪くなり、疲れがどん
どん溜まります。


目の充血は、目が疲れると悪化します。目の筋肉の負担を
減らすためにも、パソコン用の度の弱いメガネを作ること
をお勧めします。


もし、以前使っていた度の弱いメガネがあるのであれば、
そちらをパソコン作業専用のメガネにすることもひとつの
手です。


普段使いのめがねと、パソコン作業専用のメガネの2つを
使い分けるのはちょっと面倒かもしれません。しかし、目の
負担はかなり減るので、充血対策として検討してみては
いかがですか。


充血解消には目をスッキリさせるブルーベリーも効果的です


TOPPAGE  TOP 

Xoopsインストール