充血を治す方法|ブルーベリーサプリメントで目の疲れを取る

目の疲れをブルーベリーで解消

朝起きたらスマホでニュースや天気をチェック。仕事が始まったら朝から晩までパソコンの前で作業。家に帰ればスマホでSNSやゲーム。こんな毎日を過していたら、当然ですが眼は疲れきってしまいます。

現代人の8割は眼が疲れていると言われています。夕方になると眼がショボショボしたり、眼が重く感じたりしていませんか?このような症状は眼が疲れているサインです。しかし、疲れ眼サインを感じても、寝たら良くなるでしょと放置している人が多いです。

目の疲れは、しっかりケアをしてあげないと解消できません。解消できない状態で、次の日も、また次の日も眼を酷使していたら疲れはどんどん蓄積されます。目の疲れが溜まると肩こりや頭痛、不眠、そして充血などの症状を引き起こしてします。

眼に疲れが溜まると充血してしまう原因

顔のパーツの中で、相手に与える印象がもっとも大きい眼。真っ白な白目は相手に若々しい、健康的、前向きなどプラスの印象を与えることが出来ます。逆に、眼が充血していると疲れている、不健康などネガティブな印象を与えてしまいます。

目に疲れが溜まると、体はその疲れを回復させるために酸素や栄養を血液に乗せて目に送ります。すると、血液の量が増えるので目に張り巡らされた細い血管が膨張してしまいます。普段は、細いため見えない血管ですが、膨張することで白目に浮き上がっているように見えます。これが充血の正体です。

充血は眼が疲れているサイン|早めのケアを

目の疲れにはブルーベリーが効果的

EYE.JPG

目に入ってきた光は、目の奥にある網膜に映し出されます。このとき、網膜内にあるロドプシンという物質が分解され、同時に電気信号が視神経を通り、脳に送られます。脳がこの電気信号を受け取ることで、物を見ることが出来ます。

rodopushin.gif

光を受けて分解したロドプシンは、時間が経つと元に戻ります。しかし、パソコンやスマホで目を酷使すると、ロドプシンの分解スピードが早くなり、元に戻るのが間に合わなくなるため、数が減少してしまいます。

ロドプシンが減ると、脳に送られる電気信号も減るため、目が見えにくくなります。すると、目に余計な力が入ってしまい、目が疲れやすくなります。これを防いでくれるのが、ブルーベリーなどに多く含まれているアントシアニンです。

アントシアニンは、ロドプシンに働きかけ、元に戻るスピードを早くする働きがあります。このことにより、目が見えにくくなることを防ぎ、目の疲れを回復させることが出来ます。

スマホえんきん

ブルーベリーが目に良いことを知っている方も多いと思いますが、実際に食べている方は少ないかもしれません。あまり馴染みの無いフルーツなので、眼精疲労を回復するためとは言え、毎日食べるのはなかなか大変ですよね。お金も意外とかかってしまいますからね。

なので眼精疲労回復のには、サプリメントを利用するのがおススメです。ブルーベリーやビルベリーなどから抽出したアントシアニンを小さなタブレットにしているので手軽に取ることが出来ます。ファンケルのスマホえんきんは、目に良い成分ルティンやビタミンなども配合しているので、高い効果が期待できます。

スマホえんきんは、薬局でも買うことが出来ますが、ネット通販で買ったほうがお徳です。初回だけの特典なのですが、780円のお試し2週間分を一袋買うと、もう一袋付いてきます。つまり、4週間分が780円で買え、送料も無料です。

さらに、これは初回に限りませんが、無期限の返金補償まで付いてきます。サプリメントは薬ではないので、全員に合うわけではありません。効果が出ないこともあります。でも、ファンケルであれば、効果が無ければ返金してもらうことができます。これはサプリメントを試すときには助かるサービスですよね。